ドローン空撮に最適な機体の選び方

ドローン空撮に最適な機体の選び方

遠隔操作で飛行させることが出来るドローンは主に2本体重量が200グラム未満のトイドローンと、農業や建設業などで使用される産業用ドローンと空中撮影を主な目的な空撮ドローンの3つに分かれます。
空撮ドローンはSNSや動画投稿サイトなどでも動画を投稿する人が増えていて、注目を集める存在です。
ドローン空撮を始めたいと考える人は注意が必要で重量が200グラムを超える、ハイスペックな空撮用のカメラが設置されているケースが多く本体価格も高く航空法の規制対象となる為申請の必要やルールの徹底が求められます。
ドローン空撮をする場合機体はある程度、重さがあることが必須です。
重量があまり軽いと風の影響を受けやすく、重さがある程度あると機体が安定しやすく操縦もやりやすくなります。
長時間の撮影を検討しているならバッテリーの用量にも注意が必要で、バッテリー切れの心配がないように用量の多いものを用意しておくと良いです。
ドローン空撮を行なう際には飛行する為に、必要な申請やルールがあるのでルールを守った安全な飛行をすることが大切です。

ドローン空撮で重要なのが用意するmicroSDカードの用量

ドローン空撮は地上では感じることの出来ない空中の開放感や、高性能なカメラを搭載することで今まで見たことのない綺麗な風景や操縦技術があれば臨場感のある映像を撮影することが出来ます。
ドローンの進化はかなり進んでいて搭載するカメラの性能も高性能なものが続々と発売されていて、個人でもかなり高品質な映像を撮影することが可能です。
ドローン空撮で重要となるのが、撮影データを記録するmicroSDカードの用量です。
せっかく素晴らしい映像を撮影していても途中で用量切れとなってしまっては、ドローン空撮を心から楽しむことは出来ないです。
microSDカードの用量によって記録時間には差が出てきて、画質が上がるに従って記録時間は短くなります。
用量が大きければ撮影時間は増えますが1つのカードにまとめて記録を残しておくと、トラブルによってデータが消える可能性もあるので注意が必要です。
16GBか32GBのカードを用意して、撮影後に差し替えたりデータをこまめに移行しておくと良いです。

ドローン空撮に関する情報サイト
ドローン空撮の基礎知識

このサイトではドローンに関することや、ドローン空撮に対しての情報も詳しく解説していきますから、ドローンに興味がある人や空撮に興味がある人にも役に立つと考えられます。遠隔操作をする時に重要になる機体の選び方も紹介していきますから、安全に使用することができる機体を効率的に手に入れることが可能になるはずです。バッテリーの取り扱い方法なども紹介していくので、実際に活用している人もチェックしておくといいかもしれません。

Search