ドローン空撮時のバッテリーの取り扱い方法

ドローン空撮時のバッテリーの取り扱い方法

ドローンは空中を自由に飛行させることが出来て、カメラを搭載すれば臨場感のある映像を撮影することが出来ます。
ドローン空撮は今や企業や自治体の宣伝の為に使用されることもあり、迫力ある映像を撮りたいと考える人も多いです。
ドローンを飛ばす為に、重要な動力源がリチウムリポバッテリーです。
機体の大きさによってバッテリーの種類も異なりますが、本体に取り付けるリチウムリポバッテリーは正しい取り扱い方法を理解しておく必要があります。
デリケートなリチウムリポバッテリーは過放電や過充電は避ける必要があり、残量が30パーセントを切った時にはすぐに充電をして完了したら充電器から外しておくことをおすすめします。
温度管理も重要で直射日光が当たる所は、避けて保管するようにします。
ドローン空撮が終わったら、すぐに取り外しておくことも大切です。
外部からの衝撃にも弱いので、傷がついていないか膨張していないかのチェックは細かくしておくことが必要です。

安全性が求められる現場で対応されるドローン空撮

ドローンと呼ばれるラジコンを使って、上空から撮影するドローン空撮が人気です。
これまでには見ることができなかった珍しいアングルからの映像を撮影することができ、その素晴らしさから各メディアがこぞって取り上げています。
見たことのないような美しい動画を撮りたい時にはドローン空撮はおすすめです。
この技術の素晴らしい点は他にもあります。
それが安全であるということです。
これまで上空から撮影する場合には、ヘリコプターなどの空中を浮遊することができる乗り物に人間が乗り込んで行うのが一般的でした。
しかしヘリコプターは天候や地形などの影響を受けやすく、操縦に慣れている人でも事故を起こしてしまうという恐れがあります。
ところがドローンならば、ラジコンと同様に操縦する人間は地上にいます。
人が乗り込んで上空に上がるわけではないので、操縦を誤って落下させてしまった場合でも事故を起こすことはありません。
安全性が叫ばれる昨今の撮影現場を考えると、今後も活用されるシーンが増えていきそうです。

ドローン空撮に関する情報サイト
ドローン空撮の基礎知識

このサイトではドローンに関することや、ドローン空撮に対しての情報も詳しく解説していきますから、ドローンに興味がある人や空撮に興味がある人にも役に立つと考えられます。遠隔操作をする時に重要になる機体の選び方も紹介していきますから、安全に使用することができる機体を効率的に手に入れることが可能になるはずです。バッテリーの取り扱い方法なども紹介していくので、実際に活用している人もチェックしておくといいかもしれません。

Search